これまでのビリオン Past Exhibition

島本了多展
植田天豊氏コレクション寄贈に感謝して
「奇面のからだ」

2月16日(火)〜2月21日(日)
13時〜19時(土曜:11時〜16時)/入場無料

六本木で元祖・無国籍料理店を53年間営んでいる「一億」のマスター植田天豊さんは独特な審美眼を持っている。彼は料理人のかたわら、太極拳の達人としての顔ももつ。何十年と毎日同じ太極拳の動きをし、自分の体と対話している。植田さんが笑いながら言った「こんなにゆっくり動けるおじさんいないよ!!」という言葉は印象的だ。75歳を超えたから彼の動きは遅くなっているのではない。ゆっくり丁寧に体を動かしているのだ。私が植田天豊さんを真に理解するにはまだまだ時間もかかると思うが、料理にせよ太極拳にせよ体との対話が彼の審美眼の重要な要素であることは間違いないと思う。そんな彼が40年程前にバリ島で手に入れたという、素晴らしい仮面のコレクションを譲り受けることになった。見たことない、妖怪のような「奇面」の数々にとても驚愕した。見知らぬ誰かが見知らぬ妖怪の仮面を作っていたことにとても想像力を掻き立てられた。私はそれぞれの仮面に絵で体を与えることにした。はたしてこの仮面にはどんな体がついているのだろうか。そもそも、体がない仮の面(ツラ)の存在だから仮面なのではないか。仮面に体をつけてしまったら、それはもはや実体になってしまうのではないか。なにかやってはいけないことをしているように思いつつ、私はこの仮面の数々に体を作ろうと思う。見知らぬ仮面作家が作った仮面に、時間や場所を超えて体が合体した新妖怪の誕生をご覧ください。この素晴らしいコレクションを譲り受けた光栄と、植田天豊さんに感謝の気持ちを込めて展覧会「奇面のからだ」を開催させていただきます。(島本了多)